更年期障害の症状を緩和する亜麻リグナン

更年期障害というのは、主に閉経後に女性ホルモンの分泌が急激に低下することで起こってくる様々な不快な症状のことを指します。

 

ほてりや不定愁訴などが有名ですが、骨やコラーゲンの生成を助けていたエストロゲンの分泌が急激に低下するため、骨粗鬆症や動脈硬化などの命にかかわるような病にもかかりやすくなります。

 

このような更年期障害の症状を緩和する効果が期待できるのが亜麻リグナンです。

亜麻リグナンは亜麻に含まれるポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用を持ちます。

 

酸化イコール老化ということですから、体の様々な老化現象を防ぐ働きがあります。

 

エストロゲンと化学構造が似ていることから、摂取すると減ってしまった女性ホルモンのバランスを整えて不快な症状を緩和する効果があるとして知られています。
食品としては亜麻仁油に含まれていますが、なかなか食物として摂取する機会は少ないので、サプリメントの形で毎日規定量を飲むのがおすすめです。